Spider-Manブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天才モデラー、ランディ・ボウエン

<<   作成日時 : 2005/07/12 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今ではボウエンといえばミニバストが真っ先に頭に浮かぶが、彼の名前を最初に知ったのは1996年に発行された某フィギュア・ムック内の記事からである。
そこにはスパイダーマンの特集が組まれており、フィギュア紹介の片隅にスパイダーマンのオーナメント【画像・A】が掲載されていた。
その説明文には、

有名モデラー、ランディ・ボウエン作!

と明記されており、小さいながらも今まで見たことの無かった素晴らしい造型に完全に魅了されてしまった。。。。。

それからほどなくしてブックエンド(*)【画像・B】、壁掛け【画像・C】の存在を知る。
特に壁掛けの造型は素晴らしく、これに勝る造型物は未だにお目にかかっていない。(画像は→コチラにも掲載)
しかし、そのリアリティ抜群の見事な造型ゆえ、線の細い部分が破損しやすくなっているのも事実である。
この手の造型ではおそらく現在では、出荷時のトラブル回避等の為、キャンセルがかかり生産されないのではないだろうか・・・。

そして、ボウエンは1997年10月、ブロンズ・スタチュー【写真・D】を発表する。
その名も「Amazing Spider-Man Bronze Statue」。
100体限定のまさに価格もアメージングなコレクターズアイテムである。

(*)このブックエンドの造型担当がボウエンではないことを知るのは購入してから随分あとのことである。
また現在リリースされているミニバストもボウエン自らのデザインのものは少ない。



(※今回は気分で文体を変えてみました。大意はありません)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ボウエンのスタチューの魅力はコミック感が伝わってくる、絶妙な3次元造形だと思います。こう何て言うか、現実に有る物をルアルに造形した物と又違った観念と言う感じですかね。
tsurururur
2005/07/13 23:19
tsururururさん
書き込みありがとうございます。
ボウエン作品(壁掛け)との出会いは衝撃的でした。
>ボウエンのスタチューの魅力はコミック感が伝わってくる
本当ですね。
あらためて壁掛けを手にとって見てみましたが、
右大腿部がやや短くコミックチックでした。
ゆえに正面より少し右から眺めると、余計に立体的に見えてしまうトリックがあります。
2次元では伝わりにくい筋肉描写(むっちりソフトマッチョ感)もグッド! です。
miki
2005/07/14 02:47
TSURUのニックネームが取得出来ず、(゚∀゚)なニックネームに成ってしまいました。。。
↑の×ルアル ○リアルもキテマス。
tsurururur
2005/07/14 22:16
書き込み内容の雰囲気でTSURUさんだと直ぐにわかりましたよ〜。
こちらでもよろしくお願いします(*´∇`*)
miki
2005/07/16 00:47
天才モデラー、ランディ・ボウエン Spider-Manブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる