Spider-Manブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マーベル・アクション・フィギュアの変遷@

<<   作成日時 : 2005/07/30 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
キャプテンアクション(1966-1968年)
マーベル・ヒーローの “アクション・フィギュア” が初めて誕生したのは、1966年、IDEAL社のキャプテンアクション・シリーズの「キャプテン・アメリカ」が最初です。
我らが「スパイダーマン」は翌1967年に登場しています。【画像A】
キャプテンアクションとはIDEAL社のオリジナルキャラクター(※)であり “正義の味方”。その “正義の味方”がスパイダーマンやバットマンなどのマスクやコスチュームを身にまといアメリカンヒーローに変身する、いわゆる「着せ替え人形」です。大きさは12インチ(約30センチ)。

※見た目は頬っぺたをほんのり赤く染めたシャイなおじさん風【画像B】


一人で何役ものスーパーヒーローに早がわりできるキャプテンアクションは、1964年登場の「ジーアイ・ジョー」とともに、当時の少年にとっては憧れの的でした。
スパイダーマンは生産数が少ないのか、キャプテンアクションシリーズの中で最もプレミアがついています。また付属品が多いので完品での入手はなかなか困難です。
そして残念ながらキャプテンアクションのラインからのマーベルヒーローは、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンの2キャラしか発売されませんでした。


【画像C】はBox & アクセサリー一覧。(@ABは【画像A】参照)
@Hood Face Mask
AUtility Belt
BBoots
CSpider
DSpider Light
ESpider grapping Hook with Rope
FSpider Venom Spray
GOfficial Flicker Ring


また、サンクチュアリというキャプテンアクション専用のキャリングケース(※)【画像D】も出ていますが、下の青い部分が破損しやすく、これも完品で残っているものは少ないです。
※正式名称はDr.Evil's Sanctuary

なお、キャプテンアクションは1998年、Playing Mantis社により復刻されましたが、スパイダーマン、バットマン等主要キャラは再販されませんでした。やはり版権問題が大きな障害になったようです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
メゴ社のスパイダーマンの詳しい説明に感謝です。
メゴ社のフィギュアは本来のと言ったら語弊がありますが、正にUSアクションフィギュアの王道だと思います。今のフィギュアは造形が細かすぎてちょっと面白みに欠ける部分がありますよね。
僕もプレイングマンティスの復刻が、グリーンホーネット、カトー、ローンレンジャー、トント、ドクターイービル、キャプテンアクション、、、等と発売され、このシリーズがずっと続くものと思っていましたが、いつの間にか終わってしまって残念に思っています。やっぱり版権の問題だったんですねぇ。
hummingburger
2005/07/31 00:28
hummingburgerさん
いらっしゃいませ。
MEGO社のフィギュアはリアル造形でない分、妙に愛着が沸いてしまいます。
MEGO社のフィギュアについて本日さらに突っ込んでUPしましたので、ご覧いただければうれしいです。
ところでコレクションルームの画像拝見しました。
ショーケースが3台もあって(もしかしたらそれ以上?)すごくうらやましいです。(*´∇`*)
ホコリ対策も万全ですね。
miki
2005/08/01 02:31
マーベル・アクション・フィギュアの変遷@ Spider-Manブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる