メディコム リアルアクションヒーローズ(RAH) カーネイジ

画像
MARVEL関連では、スパイダーマン(映画版)、ウルバリン、ベノムに続いて4体目の登場となったカーネイジですが、出来はなかなか良いと思います。【画像A、B】
昨年発売されたベノムは手首がスカスカですぐに外れてしまいましたが、今回のカーネイジはしっかりフィットしています。さらにボディスーツのスプラッシュパターンがとても丁寧に仕上がっています。
また今までに市販されたフィギュアでは納得いくことができなかった「ブラッドストリーム」を初めてリアルに再現しているところもポイントが高いです。
全体的なシルエットをみると、やや胴長のようです。これはベノムの時にも感じたのですが、どうもRAHの素体は(改良はしてあるものの)基本的にMARVELのキャラ(アメコミで見慣れた独特な姿形)には合わないような気がします。

さて、同シリーズということでベノムと並べて飾りたいのですが、接触するとボディスーツの性質状、色移りや形状変化が起きる可能性があるということなので止めておいたほうが無難のようです。
もっとも、2体並べてみると両者の身長差にかなりの違和感を覚えます。【画像C】
スパイダーマンのキャラ図鑑(『SPIDER-MAN MARVEL ENCYCLOPEDIA』)によればカーネイジの身長は6'1(約185センチ)、ベノムが6'3(約191センチ)とベノムの方が大きいのに、製品ではベノムの方が圧倒的に小さいのです。
このあたりは原作に忠実でないので、仮に並べたとしても萎えてしまいます。。。
※ご参考までに、BOXの大きさも比較してみました。カーネイジの方がかなり大きいですね。【画像D】

おまけとして、「鎌タイプ」と「ロングウェブタイプ」の手首パーツが付属していましたが、個人的には、クレタス・キャサディのあの特徴的な「凶悪ヘッド」を是非とも付けて欲しかったです。【画像E】(Amazing Spider-Man #430 [1998年1月号]より)


ということで、始めにも書きましたが、出来についてはほぼ満足なのですが、ネックとなるのはやはり「コストパフォーマンス」ではないかと思います。
その点でいくとベノムは低かったですが、カーネイジはやや低いといったところでしょうか。
どんなに出来がよくてもあの価格ではどうしても評価は辛くなってしまいます。
なんせ、フェイマスカバーが5体買える価格ですから・・・(*・ε・*)ムー




東映スパイダーマン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0