First Appearance Spider-Man

ご存知のようにスパイダーマンが初登場したのは『アメイジング・ファンタジー 15号』(1962年8月号)誌上です。
画像

    ※カバーはジャック・カービー(ペンシラー)×スティーブ・ディッコ(インカー)による。



そもそもマーベルコミックス編集長(当時)であったスタン・リーは以前から『スパイダーマン』という新しいヒーロー物を企画していました。しかし「蜘蛛が主役の話など受けるはずがない」、と上層部はかなり否定的。なかなかこの企画は通りませんでした。

ところがひょんなことからチャンスがやってきます。

『アメイジング・ファンタジー』はもともと怪奇冒険物やSFマンガの短編を毎号3編ほど掲載しているコミックブックでした。しかし売上げは落ちる一方で15号で打ち切られることになってしまったのです。
そこでスタン・リーは企画が通らなかった「スパイダーマン」をこの最終号に登場させることにしました。
上層部も、どうせ廃刊になるのだから何だっていい、と目をつぶったのでしょう。

スパイダーマンの主人公は気弱でさえない高校生。
それが放射能を浴びた蜘蛛に噛まれて超能力者になる。
そんなエピソードをスタンはスティーブ・ディッコ(SF物を数多く手掛けていた奇才)と組んでついに誌上デビューさせることに成功しました。
わずか11ページのエピソードでしたが、何とこの『アメイジング・ファンタジー 15号』の売上げはトップセールスになり、「スパイダーマン」の続編を望む読者の声が殺到したのです(!)

当然のごとくスパイダーマンは独立した雑誌になりました。
1963年に創刊した『Amazing Spider-Man』がそれです。
画像

                『Amazing Spider-Man #1』(1963年3月号) 


こうして瞬く間にスパイダーマンはスーパーマンやバットマンに並ぶスーパーヒーローになったのです。
そして『Amazing Spider-Man』は40年以上たった現在でも連載されている超人気コミックスであることは言うまでもありません。



■補記1■
「First Appearance Spider-Man」は様々なフィギュアにもなっています。
いずれの製品にも何らかの形で『アメイジング・ファンタジー 15号』のカバーアートがあしらってあります
画像

①SILVER AGE(1999年)
②CLASSICS 2 【Classics Spider-Man】(2001年)
③MARVEL LEGENDS シリーズ10(2005年)
④Famous Cover Series1(1997年)


■補記2■
『アメイジング・ファンタジー 15号』のカバーは前述の通り、ジャックカービーによるものでしたが、もともとのオリジナルはスティーブ・ディッコによるこのカバーだったようです。
画像

※これは「The Official Marvel Index to the Amazing Spider-Man #1」(1984年4月号)の裏表紙に掲載された時の物です。


■補記3■
人気者のスパイダーマンにはたくさんの通称があります。
・スパイディ SPIDEY
・ウォールクローラー WALL-CRAWLER (壁を這う奴)
・ウェブスリンガー WEB-SLINGER (蜘蛛の巣にいる奴)
・ウェブヘッド WEBHEAD (蜘蛛の巣頭野郎)

そしてあまりにも有名なキャッチフレーズが、
YOUR FRIENDLY NEIBHBOURHOOD (あなたの親愛なる隣人)
です。
2002年と2004年に映画が公開されましたが、このキャッチフレーズは宣伝文句としては使われませんでした。映画の中にも出てきましたが、その時の字幕は「あなたの街の・・・・」でした。
「あなたの親愛なる隣人」というフレーズはいかにもスパイダーマンらしく、いい言葉だと思うのですが・・・。


■補記4■
本サイト内「First Appearance Spider-Man」関連グッズページ
■Amazing Fantasy #15 Model Goods 1
■Amazing Fantasy #15 Model Goods 2



東映スパイダーマン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)