マーベルユニバース チョコエッグ

画像
近所のスーパーで見つけました
以前ならこういった商品が出るなら前もって情報を得ていたのですが、前にも書いたとおり最近はかなり疎くなっているため、たまたま買い物中に発見しました。なので見つけた時にはちょっとした感動があり、それはそれでかえっていいのかなと思ったりもします。
大人買いしようかなと思いましたが、とりあえず5個購入、家に帰って早速開封しました。


まずはスパイダーマン !
画像
これは胸像バージョン。


そして次もスパイダーマン!!
画像
しかも座りポーズ。







そして残りは・・・





                ウルヴァリン3体
画像
          たしかにウルヴァリンかっこいいんだけどね



フルタ製菓によれば、この商品はウォルト・ディズニー・ジャパン、ディズニー・コンシューマ・プロダクツとのライセンス契約により8月27日から発売とのこと。
フィギュアは11種類(その他シークレットフィギュア1種、彩色、型違いあり))の全14種です。

■ラインナップ■
画像

□01.スパイダーマン(胸像)
□02.スパイダーマン(全身)
□03.ブラックスパイダーマン
□04.ハルク
□05.ハルク(レッドハルク・頭部型違い)
□06.アイアンマン
□07.ゴーストライダー
□08.キャプテンアメリカ
□09.ストーム
□10.ウルヴァリン
□11.シング
□12,シルバーサーファー
□13.シルバーサーファー(クリアバージョン)
□14.ベノム(シークレット )

なんでメジャーキャラのベノムがシークレットと思いきやシークレットのベノムはどうやらスコーピオンベノムらしい。
だったら尻尾は付いてるのかな?







■追記■
自力で集めたかったのですが、限界があり結局はネットオークションを駆使して14種コンプしました!
画像



そしてシークレットのベノム(ミニブックの表記はヴェノム)ですが、やはりマック・ガーガン(スコーピオン)版の三代目ベノムでした。しかしハズブロのフィギュアであった尻尾は付いていませんでした。
画像
画像




そこで原作では尻尾はどうなっていたのか非常に気になり、古いコミックを引っ張り出して確認してみました。
三代目ベノムは『Marvel Knights Spider-Man #9』(2005年2月号)誌上で始まったエピソード〝The Last Stand〟で誕生しています。

先代の宿主・アンジェロから離れたエイリアン共生体は次の宿主を求めマックの家までやって来る。(『Marvel Knight #9』より)
画像



そして次号『Marvel Knight #10』でスコーピオンベノムとなりシニスタートゥエルブの一員として初登場。でもここでは後姿がないので尻尾の有無は確認できず。
画像



肝心の後姿はさらに次号の『Marvel Knight #11』でやっと確認。どうやら尻尾は付いてないようです。
画像


・・・後に三代目ベノムはアメイジング誌上でアンチベノムと戦うシーンがあるのですが、ここでも尻尾は無かったです。
ということは尻尾付きベノムは原作では登場しておらず、ハズブロがスコーピオンをイメージして制作したスペシャル版だった可能性が大です。【下画像参照】
画像




遂に尻尾付きベノムを見つけた
この記事を書き終え、もう尻尾のベノムのことなどすっかり忘れていた2015年2月、別の調べ物をしていて遂に尻尾のあるベノムを見つけました。尻尾はフィギュアオリジナルでないことがやっと判明しました!
画像
画像
     『What If? Spider-Man House Of M #1』(2010年2月号)より。




東映スパイダーマン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのトラックバック