Spider-Manブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マーベル・ファクト・ファイル10〜14号

<<   作成日時 : 2018/09/30 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

【2018年9月30日(日)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第14号
画像
画像
今週号は世界でもっとも有名な傭兵といわれているシルバー・セーブル。
シルバー・セーブルといえばベノムに続いてスパイダーマンのスピンオフ第二弾映画が決定していて、こちらのほうも非常に楽しみであります。


画像
初登場は『アメイジング・スパイダーマン265号』』(1985年6月)。
【作】トム・デファルコ、【画】ロン・フレンツ。
スパイダーマンとの初対面も果たしています。
画像



その後、シルバー・セーブルはスパイダーマン関連各誌、単独誌等に数多く登場し、様々なアーティストにより描かれています。
今回はスパイダーマンのメイン誌であるアメイジング誌での登場シーンを掲載してみました。

画像
『アメイジング・スパイダーマン280号』(1986年9月)
【画】ブルット・ブリーディング


画像
『アメイジング・スパイダーマン301号』(1988年6月)
【画】トッド・マクファーレン


画像
『アメイジング・スパイダーマン407号』(1996年1月)
【画】マーク・バグリー


画像
『アメイジング・スパイダーマン679号』(2012年4月)
【画】ハンベルト・ラモス


画像
『アメイジング・スパイダーマン687号』(2012年8月)
【画】ステファノ・カゼッリ


画像
『アメイジング・スパイダーマンvol.4 25号』(2017年5月)
【画】スチュアート・イモナン



●アメイジング・スパイダーマン カバー
シルバー・セーブルが登場しているアメスパ誌のカバー。
画像
画像左上より、
『アメイジング・スパイダーマン279号』(1986年8月)
『アメイジング・スパイダーマン321号』(1989年10月)
『アメイジング・スパイダーマン685号』(2012年7月)
『アメイジング・スパイダーマンvol.4 26号』(2017年6月)




●トレーディングカード
所有のトレカから何枚かご紹介。
画像
1992年 マーベル・マスターピース


画像
1994年 マーベル・マスターピース


画像
1996年 マーベル・マスターピース


画像
1998年 マーベル・クリエーターズ・コレクション 


その他色々。
画像




【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AWM-01 ジェームズ・ローズ ウォーマシン
AWM-02 ウォーマシン・マークU
●X−メン
@XR-14 X-メン X-トリーム       
       X-メン 拡大された実践チーム
AEF-02 エマ・フロスト サバイバー
BBA-01 キラー・セントネル バスチオン
●ファンタスティック・フォー
AHT-01 ジョニー・ストーム ヒューマン・トーチ
CSU-01 モールマンの王国 地底世界
●スパイダーマン
@ST-04 スパイダーマン年表:1990年代
ASL-01 シルバー・サブリノーバ シルバーセーブル
●マーベルナイツ
BKP-02 強さと能力:キングピン 超ヘビー級
BCM-01 コーネル・ストークス コットンマウス
●コズミック
AGG-01 アース691 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
●リアルマーベル
AJL-01 アーティスト:ジム・リー
CCS-02 スパイダーマン初登場!





【2018年9月23日(日)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第13号
画像
画像
今週号のリアルマーベルのアーティストはスパイダーマンの作画などでおなじみの重鎮、ジョン・ロミータ・シニア。
スティーブ・ディッコから引き継いだロミータの描くスパイダーマンはディッコに比べやや筋肉がつきどことなく親しみやすさがあり、彼はスパイダーマンの人気を不動のものにした最大の功労者の一人です。

そんな彼の作品集が1996年に刊行されています。
『ザ・アート・オブ・ジョン・ロミータ』は96頁ハードカバー。オールカラーで数々の貴重な作品(スケッチ画、デザイン画等多数収録)が見ることができます。
画像


スパイダーマンのキャラクター達に囲まれたセルフポートレートは1969年の作品。
画像


マーベルで初めて割り当てられた仕事は『ストレンジ・テイルズ4号』(1951年12月)に掲載されたSF作品「IT!」
画像


最初に手掛けたヒーローものはスパイダーマンではなくキャプテン・アメリカ。
画像上がオリジナルスケッチで下が『キャプテン・アメリカ 77号』(1954年7月)のカバー。
画像


メリー・ジェーンの登場はマーベル史に残る象徴的なシーン。そのMJの貴重なカラースケッチも掲載されています。
画像



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AWA-01 ウエストコースト・アベンジャーズ
●X−メン
@XR-13 暴かれたX-メン       
       X-メン 実践チーム
ACY-01 スコット・サマーズ サイクロップス
ACY-02 サイクロップスのバイザー
ACY-03 サマーズ一家
●ファンタスティック・フォー
BFR-01 フライトフル・フォー
●スパイダーマン
@ST-03 スパイダーマン年表:1980年代
ABC-01 フェリシア・ハーディ ブラックキャット
BDO-01 ドクター・オクトパス
BCD-01 ドナルド・クレンデノン カーディナル
●マーベルナイツ
AWE-01 ジャック・ラッセル ウェアウルフ
AHO-01 ハワード・ザ・ダック
●コズミック
@WA-01 エイリアンファイル ウォッチャーズ
●リアルマーベル
AJR-01 アーティスト:ジョン・ロミータ・シニア





【2018年9月13日(木)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第12号
画像
画像
今週号のヴィランはジャック。ジャッカルではなくジャックです
このジャック、ジャッカルと同じコスチュームを着用しているので見た目はほとんど同じ。ただし身長は1mしかないそう。

コスチュームの中身はジャッカルがパーカーのクローンを作ろうとした時の不完全版クローン。
なので顔は傷があるもののピーターそのまま。
『アメイジング・スパイダーマン399号(1995年3月)』より。
画像


初登場は『ウェブ・オブ・スパイダーマン122号(1995年3月)』
画像


『ウェブ・オブ・スパイダーマン123号(1995年4月)』でジャッカルの作製したデータをベン・ライリーに渡すのをジャッカルに見つかり殺害される。(ジャッカルは人差し指を押さえた。すると、ジャックの体内にある自爆装置が発動し彼の身体は液体化し死亡した)
画像



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AHP-04 ハンク・ビム:コスチュームの進化と派生型
CAM-02 アベンジャーズ・マンション 地下
●X−メン
@XR-12 X-メン サイクロップスの「死」後
       X-メン ジェノーシャ介入
BDA-01 ウルヴァリンの息子 ダケン
●ファンタスティック・フォー
AHT-02 強さと能力 燃え上がれ、ジョニー!
ATI-03 シングvs.ハルク ファイトクラブ
●スパイダーマン
@ST-02 スパイダーマン年表:1970年代
AJJ-03 J・ジョナ・ジェイムソン ニューヨーク市長!
BJK-01 スパイダーマンのクローン ジャック
●マーベルナイツ
APU-02 パニッシャー 殺しの特訓
BJS-01 殺し屋の顔 ジグソウ
●コズミック
BGA-01 すべてを喰らい尽くすもの ギャラクタス
BTE-01 ギャラクタスのヘラルド テラックス
●リアルマーベル
CCX-02 デイズ・オブ・フューチャー・パスト




【2018年9月5日(水)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第11号
画像
画像
今号から5回にわたりスパイダーマンの年表が紹介されます。
結構細かいところまで記載されていて、しかも画像が豊富なので見ていて楽しいし、勿論勉強になります


11号にはステッカーが付属(画像下左)、早速貼ってみた(画像下右)。
画像



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AHE-01 オリンポスの獅子 ハーキュリーズ
AHK-04 ハルク マエストロ
BLE-01 リーダーの出現
CAM-01 アベンジャーズ・マンション
●X−メン
@XR-11 X-メン エクスカリバーの合流/
       X-フォース ウィズダムのチーム
AEF-01 ホワイトクィーン エマ・フロスト
AMC-01 セシリー・キンケイド マーキュリー
●ファンタスティック・フォー
AIW-02 強さと能力 インビジブル・ウーマン
●スパイダーマン
@ST-01 スパイダーマン年表:1960年代
ASC-01 ベン・ライリー スカーレット・スパイダー
●マーベルナイツ
AMK-02 ムーンナイトの狂気
●コズミック
AGG-02 スター・ロードが率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
CTW-01 アース-928:西暦2099年
●リアルマーベル
APD-01 作家:ピーター・デイビッド





【2018年8月31日(金)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第10号
画像
画像
今週号のヴィランはカーネイジ。1993年当時のレギュラー4誌とアンリミテッド誌を含む5誌上(14話)において繰り広げられたエピソード、マキシマム・カーネイジが紹介されています。
正体であるクレタス・キャサディは両親をも殺害したといわれる極悪の連続殺人鬼。
そんなカーネイジがシュリークやデモゴブリンらと手を組んでマンハッタンで大殺戮を引き起こしました。


下画像はマキシマム・カーネイジ終了後に刊行された、カーネイジ関連では珍しいワンショット2冊。こちらの内容の方がよりカーネイジの残虐さがリアルに描かれていて、個人的にはもっともカーネイジらしい作品じゃないかと思っています。
画像
画像
     CARNAGE Mind Bomb #1(1995年2月号)


画像
画像
   CARNAGE It’s A Wonderful Life(1996年10月号)


ところで今号で10号目です。画像は10冊分を収録したバインダーの状態。
やはり10冊が限界のようです
画像



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AHA-01 クリント・バートン ホークアイ
AIL-01 イルミナティ
●X−メン
@XR-10 X-メン 地球を拠点としたチーム
       X-メン ロスト・イン・スペース
ACB-01 ブライアン・ブラドック キャプテン・ブリテン
AWV-17 PART2:ウルヴァリンとX-メン
●ファンタスティック・フォー
@FT-05 ファンタスティック・フォー年表:2000年代
BDO-01 鎧をまとった独裁者 ドクター・ドゥーム
BDO-02 ドクター・ドゥームのアーマー
●スパイダーマン
BCA-02 カーネイジ:マキシマム・カーネイジ
●マーベルナイツ
AHE-01 ヒーローズ・フォー・ハイヤー
BME-01 誰もが知る悪魔 メフィスト
●コズミック
ASI-01 ノリン・ラッド シルバー・サーファー
CNZ-01 反物質の次元:ネガティブ・ゾーン
●リアルマーベル
CCA-01 アベンジャーズ再結成!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マーベル・ファクト・ファイル10〜14号 Spider-Manブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる