Spider-Manブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マーベル・ファクト・ファイル20号〜25号

<<   作成日時 : 2018/12/20 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【2018年12月11日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第25号
画像
画像
今週号のスパイダーマンコンテンツは、最近ではナイトクラブのオーナーも務めるメリー・ジェーン・ワトソン。


2004年から始まったメリー・ジェーンシリーズは、MJの高校生活をMJ目線で描いた、ヒーロー物ではなくどちらかといえば少女向けのコミック。
4部構成になっていて、3部(の15号)まではタケシ・ミヤザワがアートを担当していました。
画像
【第1部】『Mary Jane #1-#4』(2004年8月〜11月)

画像
【第2部】『Mary Jane Homecoming #1-#4』(2005年5月〜8月)

画像
【第3部】『Spider-Man Loves Mary Jane #1-#10』(2006年2月〜11月)
画像
『Spider-Man Loves Mary Jane #11-#20』(2006年12月〜2007年9月)

画像
【第4部】『Spider-Man Loves Mary Jane #1-#5』(2008年10月〜2009年2月)



画像
メリー・ジェーン初のフィギュアは1996年、トイザラス限定のスパイダーマンとのボックスセット「フェイマス・カップル」。



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AHK-07 ブルース・バナー ジョー・フィグジット
BAG-01 エミル・ブロンスキー アボミネーション
●X−メン
@XT-02 X-メン年表:1970年代
@XR-25 X-メン フェニックス・ファイブ       
       X-メン アンキャニティ・アベンジャーズ
AWV-10 ウルヴァリンと第一次世界大戦
BMP-02 マデリーン・プライアー ゴブリンクイーン
●ファンタスティック・フォー
BMM-01 ハーヴェイ・エルダー モールマン
●スパイダーマン
AMJ-01 メリー・ジェーン・ワトソン
BGR-03 グリーン・ゴビリン 繰り返す復活
●マーベルナイツ
AMK-01 マーク・スペクター ムーンナイト
DMH-91 ムーンコプター
●コズミック
@HG-01 ギャラクタスのヘラルドたち
●リアルマーベル
AME-01 アーティスト:マイク・パーキンズ
CSW-01 マーベルスーパーヒーロー シークレット・ウォーズ 第1-12号





【2018年12月4日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第24号
画像
画像
今週号のスパイダーマンコンテンツはロシア革命によりアメリカに追われ、やがてスパイダーマンハンターとなったクレイヴン。


クレイヴンの最も代表的なシリーズ。スパイダーマンを倒し、その優位な気持を抱いたまま自らの命を絶ったクレイヴンズ・ラスト・ハント≠ヘ当時のスパイダーマンのレギュラー3誌上において連載されました。
画像
画像左上より、
【Part1】Web Of Spider-Man #31』(1987年10月号)
【Part2】『Amazing Spider-Man #293』(1987年10月号)
【Part3】『Peter Parker Spectacular Spider-Man #131』(1987年10月号)
【Part4】『Web Of Spider-Man #32』(1987年11月号)
【Part5】『Amazing Spider-Man #294』(1987年11月号)
【Part6】『Peter Parker Spectacular Spider-Man #132』(1987年11月号)


連載当時はノータイトルでしたが、単行本化を機にクレイヴンズ・ラスト・ハント≠ニ名付けられました。
画像
1995年発行のTPB(単行本)『Kraven's Last Hunt』。



画像
クレイヴン初のフィギュアは1994年のアニメテッドシリーズ。



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AIM-05 アイアンマン アベンジャー
AMO-01 バーバラ・モース モッキンバード
●X−メン
@XT-01 X-メン年表:1960年代
@XR-24 X-メン ハッチ・テックの襲撃       
       X-ファクター ハボックの帰還
BDI-」01 ネズミのような悪党 ダート・ナップ
●ファンタスティック・フォー
BAS-01 オーソン・カーロフ アスベストマン0
BDO-03 ドクター・ドゥーム 魔術師
●スパイダーマン
AJO-01 ジョン・ジェイムソン 宇宙飛行士
BKR-02 クレイブン 死と再生
●マーベルナイツ
ABL-02 ブレイド チームプレーヤー
●コズミック
ASJ-01 反逆者たちの宇宙海賊 スタージャマーズ
CMV-01 マーベル マンガバース
DSM-01 HMSSスタージャマー
●リアルマーベル
CCI-01 瓶の中の悪魔






【2018年11月27日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第23号
画像
画像
今週号のスパイダーマン・コンテンツは元窓拭き職人・プラウラー。


画像
画像
プラウラーはキングピン同様、ジョン・ロミータ・シニアが創作したキャラクター。
画像は1969年に彼が鉛筆で描いた初期デザイン設定画。
注目すべきはキャラクター名が「プラウラー」ではなく「ストーカー」であること。
『ザ・アート・オブ・ジョン・ロミータ』(1996年)より。


画像
2016年から2017年にかけて発行された6冊によるClone Conspiracy≠フタイ・イン誌『Prowler』。



画像
プラウラー初のフィギュアは1995年のアニメテッドシリーズ。



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
ACP-05 キャプテン・アメリカ SHIELDエージェント
AFS-01 アンジェリカ・ジョーンズ ファイアースター
BSM-01 ジャッカス・デュケイン ソーズマン
●X−メン
@XR-23 X-メン 学園警備       
       X-メン ストームの現地チーム
AKP-02 強さと能力:シャドウキャット
AAU-01 ジャンヌ・マリー・ボービエ オーロラ
●ファンタスティック・フォー
AMR-04 リード・リチャーズ リード評議会
BPM-01 感情を食いものにする吸血鬼 サイコマン
●スパイダーマン
APR-01 ホビー・ブラウン プラウラー
●マーベルナイツ
AMC-01 アーロン・スタック マシンマン
AMC-02 マシンマン
●コズミック
AAW-01 アダム・ウォーロックの登場
ASH-01 大いなる真実の守護者 シャラ・バル
●リアルマーベル
AGM-01 作家:グラント・モリソン






【2018年11月20日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第22号
画像
画像
今週のスパイダーマンコンテンツはデイリー・ビューグルが折込で紹介されています。

画像
デイリー・ビューグルに焦点をあてた1996年発行の3冊によるミニシリーズ。(第3号が見つからず・・・)


画像
ジェイムソン初のフィギュアはB.J. Exclusives のボックスセット・モンスターメイヘムから。
画像上左から2番目。



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
ACD-01 キャロル・ダンバース ミズ・マーベル
ACD-02 キャロル・ダンバース キャプテン・マーベル
●X−メン
@XR-22 X-メン エクスティンクション・チーム       
       X-メン ウルヴァリンの学校
BJU-01 ケイン・マルコ ジャガーノート
●ファンタスティック・フォー
ATH-01 凶暴な女性戦士 サンドラ
ATH-02 変わりゆき時代 サンドラ
●スパイダーマン
@SM-10 スパイダーマン 社会の敵
CDB-01 デイリー・ビューグル
●マーベルナイツ
ACH-01 忍者集団 チェイスト
●コズミック
@CG-01 カウンシル・オブ・ゴッドヘッズ
AGY-01 スピンスターフッドの生き残り ガニメデ
BRO-02 ロナンの没落と栄光
●リアルマーベル
CCS-03 グウェン・ステイシーが死んだ夜





【2018年11月13日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第21号
画像
画像
今週号のスパイダーマンコンテンツは元怪盗ブラックキャット。


画像
画像
2002年に発行された、スパイダーマンとブラックキャットが手を組んで悪と戦う、6冊によるミニシリーズ『Spiderman and The Blackcat』。
画像はその1号(2002年8月号)。画家はテリー・ドッドソン。


画像
画像
こちらもテリー・ドッドソンのアートによる『Marvel Night Spider-Man #4』(2004年9月)。
ヴァルチャーからピーターを救出するブラックキャット。


画像
画像
つい最近のアメイジング誌(9号・2019年1月号)にもブラックキャットは登場しています。
画はウンベルト・ラモス。最近のラモスの描く女性は妙にセクシー(特に口元かな)になりました。


画像
ブラックキャット初のフィギュアは1996年のスパイダーマン・アニメテッドジリーズ。



【CONTENTS】
●アベンジャーズ
ATH-01 ドナルド・ブレイク ソー
BLO-01 邪な神 ロキ
CRB-01 神々の道 虹の橋
●X−メン
@XR-21 X-メン ホープ世代       
       ニューミュータンズ やり残した仕事
AKP-01 キティ・ブライト シャドウキャット
BKE-01 上院議員 ロバート・ケリー
●ファンタスティック・フォー
ATI-04 シング ヤンシー・ストリート・ギャング
CFP-01 フォー・フリーダムズ・プラザ
●スパイダーマン
ABC-02 ブラックキャット 人生と恋愛
●マーベルナイツ
AMY-01 メルセデス ミスティ・ナイト
BBU-01 暗殺者 ブルズアイ
BDR-01 ブラド・ツェペシ ドラキュラ
●コズミック
ADE-01 ムーンボーイとデビル・ダイナソー
●リアルマーベル
ASD-01 アーティスト:スティーブ・ディッコ







【2018年11月6日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第20号
画像
画像
今週号のスパイダーマンコンテンツはホブゴブリン。『Amazing Spider-Man #238』(1983年3月)に初登場したヴィランです。


画像
スパーダーバースとほぼ同時期に行なわれていたもう一つの大型イベントアクシス≠フタイ・イン誌『Hobgoblin#1』(2014年12月)、『Hobgoblin#2』(2015年1月)、『Hobgoblin#1』(2015年2月)。


画像
こちらは1997年に発行されたホブゴブリンのミニシリーズ『Spider-man Hobgoblin Lives #1-#3』



画像
ホブゴブリンが初めてフィギュア化されたのは1984年マテル社のシークレットシリーズ。


【CONTENTS】
●アベンジャーズ
AHK-05 ハルクとパンテオン
AHU-01 セオドア・アルトマン ハルクリング
BAI-01 アドバンスド・アイデア・メカニクス
●X−メン
@XR-20 X-メン 拡大する活動       
       X-フォース アポカリプスの暗殺者
AWV-11 ウルヴァリンと第二次世界大戦
BSE-02 センチネル マークU
●ファンタスティック・フォー
ANV-01 フランキー・レイ ノヴァ
AIW-03 スーザン・ストーム マリス
●スパイダーマン
AKA-01 スパイディのクローン ケイン
BHO-01 ロデリック・キングスレー ホブゴブリン
●マーベルナイツ
BBE-01 死を呼ぶ ベンガル
●コズミック
ARR-01 宇宙の守護神 ロケット・ラクーン
DNB-01 ネガバンド
●リアルマーベル
CCU-01 アルティメッツ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マーベル・ファクト・ファイル20号〜25号 Spider-Manブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる