マーベル・ファクト・ファイル41号~43号


【2019年4月30日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第43号
mff_43.jpg
mff_43_1.jpg
今週号のスパイダーマンコンテンツは、プロの犯罪者であり、ギャング集団のリーダーであるジミーシックス。
その風貌は暗黒街のボス、キングピンを彷彿させる。

●Spider-Man #70(1996年7月)
mff_43_sm_70.jpg
初登場は『Spider-Man #70』(1996年7月)
カバーアートはジョン・ロミータ・ジュニア。

mff_43_sm_70_1_2.jpg
雨の中、家路に向かうベン・ライリーはジミーシックスとすれ違う。

mff_43_sm_70_0.jpg
直後、殺し屋から命を狙われたジミーはその巻き添えをくったベンを救う。

mff_43_sm_70_2.jpg
のちに、別の犯罪組織に追われたジミーを、今度はスパイダーマンが救助するが、多くの仲間をスパイダーマンに倒されているジミーはこれを拒否。

mff_43_sm_70_2_1.jpg
しかしマスクを取ったベン・ライリーの助けは受け入れた。



●Spider-Man #73(1996年10月)
mff_43_sm_73_1.jpg
ベン・ライリーのアパートに転がり込んだジミー。

mff_43_sm_73_2.jpg
ジミーの父、ドン・フォルトゥナートは老いた今でも犯罪組織のトップに君臨している。
ジミーは父の生き方には賛同していない。ドン・フォルトゥナートはそんな息子に殺害指令を出したこともあった。



●Spider-Man #74(1996年11月)
mff_43_sm_74.jpg
mff_43_sm_74_0.jpg
脇ながらジミーシックス唯一のカバー。
絵はジョン・ロミータ・ジュニア。



●Peter Parker Spider-Man #87(1998年1月)
mff_43_ppsm_87_1.jpg
抗争中、ガスタンクの爆発に巻き込まれ怪我を負ったジミーはメリー・ジェーンから治療を受ける。




●The Spectacular Spider-Man #255(1998年3月)
mff_43_ssm_255_1.jpg
mff_43_ssm_255_1_2.jpg
友人ベン・ライリーを殺したのがグリーン・ゴブリンと分かったジミーは復讐を企てた。
しかしこの時ジミーが狙ったのは替え玉グリーン・ゴブリンであった。

mff_43_sm_75_1.jpg
mff_43_sm_75_2.jpg
ベン・ライリーは『Spider-Man #75』(1996年12月)でグリー・ゴブリンに殺害されている。



●Peter Parker Spider-Man Vol.2 #8(1999年8月)
mff_43_ppsm_8_1.jpgジミーシックスはキングピンと対峙し握手を交わす。

mff_43_ppsm_8_2.jpgピーターに銃口を向けるが、これはピーターの身の安全を思っての警告であり行動を促す為のものであった。




【CONTENTS】
●アベンジャーズ
①AR-16 アベンジャーズ 海の底に潜むもの/
       アベンジャーズ ウルトロンの花嫁
③WR-02 レッキング・クルー壊滅!
●X-メン
②NI-01 カート・ワグナー ナイトクローラー
③0R-02 オメガレッド 非常警報(レッドアラート)
④MV-01 モジョーバース
●ファンタスティック・フォー
②TI-08 シング大暴走!
⑤PO-01 ポゴプレーン
●スパイダーマン
②RO-01 ロビー・ロバートソンの登場
③SN-02 サンドマン 改心した男
③JS-01 ジェームズ・フォルトゥナート ジミー・6
●マーベルナイツ
②SH-01 シーデビル シャンナ
②KA-01 ケビン・レジナルド・プランダー ケイザー 
●コズミック
⑤CO-01 コズミック・コントロール・ロッド
●リアルマーベル
②JB-01 アーティスト:ジョン・ビュッセマ






【2019年4月23日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第42号
mff_42.jpg
mff_42_1.jpg今週号のスパイダーマンコンテンツは、🐗猪の被り物をしたマイナーキャラ、レイザーバック。
彼の能力はどんな車でも本能的に運転できるという、これもかなりマイナー的なもの。


mff_42_2.jpg初登場は『Peter Parker The Spectacular Spider-Man #12』(1977年11月号)。しかしここでは最終頁の最後のコマに影だけの登場。


mff_42_3.jpg
正式な登場は次号『Peter Parker The Spectacular Spider-Man #13』(1977年12月号)。
この時レイザーバックは挨拶代わりにスパイダーマンに襲い掛かっている。


mff_42_4.jpg愛車は「ビッグ・ピッグ」というトラクターを一部に組み込んだ改良トラック。
遠隔操作も可能で、のちにスパイダーマン、フラッシュ・トンプソンらとリージョン・オブ・ライトというカルト教団に捕らわれ窮地に陥った時、ビッグ・ピッグが救っている。




【CONTENTS】
●アベンジャーズ
①AR-15 アベンジャーズ 死者の歩み/
       アベンジャーズ 懐かしい思い出・・・
②CP-06 スティーブ・ロジャース キャプテン
③EN-01 アモラ エンチャントレス
●X-メン
②AN-02 ウォーレン・ワージントン3世 アークエンジェル
③BO-01 フレッド・J・デュークス ブロブ
●ファンタスティック・フォー
③DO-04 ドクター・ドゥームとフューチャー・ファウンデーション
⑤AJ-01 エアジェット・サイクル
●スパイダーマン
②RA-01 ビュフォード・T・ホリス レイザーバック
③CI-01 道化師を送り込め! サーカス・オブ・クライム
③SJ-01 精神異常のウェブ・スリンガー スパイダー
●マーベルナイツ
②UB-01 モンスターハンター ユリシーズ・ブラッドストーン 
●コズミック
③EG-01 エゴ・ザ・リビングプラネット
③TH-04 サノス コズミック・バランス
●リアルマーベル
④CX-04 X-メン マーベルグラフィックノベル『GOD LOVES,MAN KILLS』





【2019年4月16日(火)】
●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第41号
画像
画像
今週号のスパイダーマンコンテンツは、月面から持ち帰った赤い石でペンダントを作ったのが原因で狼男へと変身してしまった、若き宇宙飛行士、ジョン・ジェイムソン。



画像
ジョン・ジェイムソンが初登場したのは『Amazing Spider-Man #1』(1963年5月号)。
左は父親であるJ・ジョナ・ジェイムソン。後方にはピーターの姿も。


画像
ジョンが狼男(マン・ウルフ)に変身したのは『Amazing Spider-Man #124』(1973年9月号)が初出。


画像
マン・ウルフは『Creatures On The Loose Man-Wolf #30』(1974年7月号)~『Creatures On The Loose Man-Wolf #37』(1975年9月号)にも登場。


画像
スターゴッドになるエピソードは『Marvel Premiere Man-Wolf #45』(1978年12月号)・『Marvel Premiere Man-Wolf #46』(1979年2月号)で語られている。


画像
マン・ウルフが初めてフィギュアになったのはトイビズ時代の、CLASSICS ASST 16(2005年)。






【CONTENTS】
●アベンジャーズ
①AR-14 アベンジャーズ ヘルキャットの乱入/
        アベンジャーズ 新チーム結成
②CM-02 キャプテン・マーベル 死後の世界
③TG-01 トッド・アーリス タイガーシャーク
●X-メン
②FO-01 フォージの登場
③GC-01 グレイドン・クリードの出現
●ファンタスティック・フォー
②KN-01 カーナックの登場
④AL-01 アトランティス
●スパイダーマン
②JO-02 ジョン・ジェイムソン マンウルフとスターゴッド
③EL-02 強さと能力 エレクトロ
●マーベルナイツ
③ST-01 ウィルバー・デイ スティルトマン
③MU-01 ムナイ ミッドナイト・サン
⑤ST-01 スティルトマン
●コズミック
③AN-03 アナイアラス アナイアレーション・ウェーブ
●リアルマーベル
④CM-01 MARVEL COMICS #1の発売







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック