マーベル・ファクト・ファイル77号


●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第77号
【2019年12月24日(火)】
mff_77.jpg
mff_77_1.jpg
今週号のスパイダーマンコンテンツは、レイブンクロフト研究所(精神疾患のある犯罪者が収容される施設)でクレタス・キャサディ(カーネイジ)と出会い、ニューヨークを恐怖に陥れる“マキシマム・カーネイジ事件”を犯したシュリーク。
彼女(フランシス・バリソン)は幼少期に母親から虐待を受け、後に薬物に手を染め、麻薬の売人になっている。

シュリークは音を自在に操ることが出来る。
彼女の手から放たれるソニックブラストは爆発的な力で物体を破壊する。
また人の精神を邪悪に狂わせることもできる。この能力を発揮する時、彼女の左目はダイアモンドのごとく輝く。
さらにテレキネシスで物体や人を浮上させることもできる。

なお、シュリークは映画『ヴェノム: レット・ゼア・ビー・カーネイジ』にカーネイジと共に登場するようです。
“音” を武器とするシュリークはヴェノムにとってはまさに天敵。もっとも厄介な相手となりそうです。



シュリークの初登場は、
Spider-Man Unlimited #1(1993年5月号)
smu_1.jpg
smu_2.jpg
Cover Artist : Ron Lim
Penciller : Ron Lim

初めて出会った二人は意気投合し、研究所を脱走する。


Carnage #4(20011年6月号)
carnage.jpg
carnage_1.jpg
Cover Artist : Clayton Crain
Penciller : Clayton Crain

ニーブス博士が切り離した共生体 “カーネイジの子供” と合体するシュリーク。
しかしこの後すぐに共生体はニーブスの元に戻った。


Absolute Carnage: Lethal Protectors #1(2019年10月号)
clp.jpg
clp_1.jpg
Cover Artist : Bengal
Penciller : Flaviano Armentaro

カーネイジとキスを交わした直後、シュリークはカーネイジによって殺害された。



シュリーク登場のカバー。
DSC_0946~2.jpg
画像左より、
Amazing Spider-Man #390(1994年6月号)
Amazing Spider-Man #391(1994年7月号)
Amazing Spider-Man #393(1994年9月号)

Cover Artist : Mark Bagley



Spider-Man : The Jackal Files (1995年8月号)
jackal.jpg
jackal_2.jpg
Cover Artist : Joe St. Pierre
Art : Michael Bair



Spider-Man Premium'96
card.jpg
#61 Shriek

card_2.jpg
#78 Shriek






【CONTENTS】
●アベンジャーズ
②SC-01 エージェント13 シャロン・カーター
③WR-01 ダーク・ガースウェイト レッカー
●X-メン
②WV-21 ウルヴァリン 人生と恋愛
③SL-01 リタ・ウェイワード スパイラル
⑤MJ-01 モジョーのネットワーク
●ファンタスティック・フォー
①FF-10 ファンタスティック・フォー ドリームチーム/
       ファンタスティック・フォー タイム・バスターズ
③MH-01 ニュークリアマン マキズモ
●スパイダーマン
①SM-20 スーペリア・スパイダーマン 栄光と没落
③SR-01 フランシス・ルイーズ・バリソン シュリーク
●マーベルナイツ
②GR-05 ゴーストライダー 悪魔に駆り立てられて
②CO-01 サムライ探偵 コリーン・ウィング
●コズミック
①ZL-01 エイリアンファイル:ゼン・ラビアン
③FI-01 飛び出すトカゲ! フィン・ファン・フォー
●リアルマーベル
④CW-03 ウルヴァリン ウェポンX(MARVEL COMICS PRESENTS #72-84)








東映スパイダーマン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック