テーマ:スパイダーマン関連書籍

マーベル・ファクト・ファイル41号

【2019年4月9日(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第41号今週号のスパイダーマンコンテンツは、月面から持ち帰った赤い石でペンダントを作ったのが原因で狼男へと変身してしまった、若き宇宙飛行士、ジョン・ジェイムソン。 ジョン・ジェイムソンが初登場したのは『Amazing Spider-Man #1』(1963…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル37号~40号

【2019年4月9日(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第40号今週号のスパイダーマンコンテンツは、ノーマン・オズボーンの策略により殺人容疑をかけられ、“スパイダーマンの姿”のままでは活動できなくなったピーターが、MJの助言もあり、ホーネット、リコシェ、ダスク、プロディジー、という4人の新キャラクターに姿を変え、真相究明のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル33号~36号

【2019年2月26(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第36号今週号のリアルマーベルコンテンツは、1977年に『Amazing Spider-Man Annual #11』でマーベル作品デビューしたアーティスト、ジョン・ロミータ・ジュニア。 愛称はJRJR。 2006年に発売された活動30周年記念特別号。 経歴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル29号~32号

【2019年1月29(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第32号今週号のスパイダーマンコンテンツは破壊のみを生み出す巨人、マンモンスター。もう誰もこいつを止めることは出来ない・・・!? マンモンスターはスパイダーマン史に於いては非常に特異なかたちで登場しました。 まず初登場したのは『Spectacular S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル26号~28号

【2019年1月4日(金)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第28号今週号のスパイダーマンコンテンツは予知能力を持つミュータント、マダム・ウェブ。 マダム・ウェブが初登場した『Amazing Spider-Man #210』(1980年11月号)。 アートはジョン・ロミータ・ジュニア(カバー&中身共)。 デブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはHBの為の描き下ろしなのか?

先日購入した『SPIDER-GEDDON HANDBOOK』にはスパイダーバース&スパイダーゲドンに登場した実に数多のスパイダーマンたちが登場しています。 東映スパイダーマンも1頁を使って紹介されていますが、そこに描かれているスパイダーマン他のイラストがどうも初見ぽいのです。 東映スパイダーマンのスーツの質感や日本人らしい体型も実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル20号~25号

【2018年12月11日(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第25号今週号のスパイダーマンコンテンツは、最近ではナイトクラブのオーナーも務めるメリー・ジェーン・ワトソン。 2004年から始まった〝メリー・ジェーン〟シリーズは、MJの高校生活をMJ目線で描いた、ヒーロー物ではなくどちらかといえば少女向けのコミック。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル15~19号

【2018年10月30日(火)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第19号リアルマーベルのセクションではアーティストのフランク・ミラーが登場。 フランク・ミラーのマーベルでの仕事は『デアデビル:ボーン・アゲイン』等デアデビルが代表作で、スパイダーマンは彼が若い駆け出しの頃にほんの少し描いていただけでした。 そんなスパイダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル10~14号

【2018年9月30日(日)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第14号今週号は世界でもっとも有名な傭兵といわれているシルバー・セーブル。 シルバー・セーブルといえばベノムに続いてスパイダーマンのスピンオフ第二弾映画が決定していて、こちらのほうも非常に楽しみであります。 初登場は『アメイジング・スパイダーマン265号』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーベル・ファクト・ファイル1~9号

【2018年8月25日(土)】 ●週刊マーベル・ファクト・ファイル 第9号今週号のヴィランはコナンドラムというかなりマイナーキャラが登場しています。 まったく記憶にないキャラだったので古いコミックを引っ張り出して確認してみました。 ちょうどアイデンティティ・クライシス(1998年5月)の時で、プロディジーと対決しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画アメイジング・スパイダーマンのメイキング本

2012年に公開された『アメイジング・スパイダーマン』のメイキング本が発売されました。 通常この手の本は映画が公開されて間もなく出るものですが、なぜか2年の時を経て、『アメイジング・スパイダーマン2』の公開を前にしての出版となりました。 本の正式名称はThe Amazing Spider-man: Behind The Scenes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造形師・スティーブ・キューズの本

もともと造形には興味があったのですが、5月にプロトタイプのフィギュアを入手してからはさらに興味が深まり、何かこの手の本がないものかとアマゾンで検索したところ、マーベルフィギュアの造形を初期の頃(MSHシリーズ)から担当している超有名スカルプター、スティーブ・キューズ氏の作品集的な本があったので、早速購入してみました。 『Babes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MEGOコレクター必携本

昨年(2007年11月21日)刊行された『Mego 8" Super-Heroes: World's Greatest Toys』【画像中】を先日購入しました。メゴに関する本は過去にも『Mego Toys: An Illustrated Guide』(1995年発行)【画像左】や『Mego Action Figure Toys: W…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本棚紹介とお気に本。

人のコレクション部屋がどうなっているのか気になるのと同様に、その人の本棚には一体どんな本が並んでいるのかとても興味があります。どんな系統の本を読んでいるかで性格などが垣間見えるし、またたとえ同じ本にしても、どのように配置するのかでそれぞれの〝個性〟が表現されるような気がします。 ということで今回は私の本棚紹介です。 ただしここは「ス…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

Spider-Man The Icon

スパイダーマンにおける究極の〝研究本〟ともいえる本が2007年10月16日に発売されました。以前すぴさんのブログで紹介されていたのを拝見して即購入を決意し、入手しました! 中身(すべて英語)は320頁もありオールカラーです! コミック、グッズ、アニメ、ゲームソフト等スパイダーマンにまつわる記事が60年代から現在まで年代ごとに紹介さ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

The Classic Marvel Figurine Collection

  イギリスのイーグルモス社より、マーベルのフィギュア付キャラ解説本「クラシック・マーベルフィギュア・コレクションマガジンズ」が発売になっています。イギリスでは既に一昨年(2005年)から発売されていましたが、ようやく日本のショップでも入手可能になりました。 このシリーズ定期的に発売されるらしく、第1号は「スパイダーマン」で、以下様…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more