テーマ:フィギュア

Retro Mattel & EGG attack

久しぶりにフィギュアを購入(4月7日到着分) 【画像・左】レトロ・マテル『マーベル・コミック / シークレット・ウォーズ』スパイダーマン(ブラック・コスチューム版) [ジェントル・ジャイアント] 【画像・右】エッグアタック『アメイジング・スパイダーマン2』スパイダーマン [ビースト・キングダム] 保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねんどろいど スパイダーマン

ねんどろいど・スパイダーマンは発売当時からかなり気になっていた商品でした。しかし引越後は飾っておくスペースが激減したので、仕方なく、〝コレクションは場所をとらないコミック等の紙物のみ〟と自分に言い聞かせて購入はずっと見送ってきました。 でも遂にその自分ルールを覆してしまいました。それもホット系のいわゆる正統派フィギュアではなくこのユル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

造形師・スティーブ・キューズの本

もともと造形には興味があったのですが、5月にプロトタイプのフィギュアを入手してからはさらに興味が深まり、何かこの手の本がないものかとアマゾンで検索したところ、マーベルフィギュアの造形を初期の頃(MSHシリーズ)から担当している超有名スカルプター、スティーブ・キューズ氏の作品集的な本があったので、早速購入してみました。 『Babes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Spider-Man Proto-Type Figure

2001年にリリースされた【「SPIDER-MAN MOVIE SERIES ASST 1」Battle Ravaged Spider-Man】のプロトタイプフィギュアを入手しました。 (A)2アップ ペイントマスター (B)テストショット (C)製品 フィギュアが出来るまでには様々なプロセスを経ます。このペイントマスターは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物 Man-Spider(マンスパイダー)への変身!

スパイダーマンが蜘蛛の怪物(=マンスパイダー)に変身してしまうエピソードは『Marvel Fanfare #1』(1982年3月号)【画像左】と『Marvel Fanfare #2』(1982年5月号)【画像右】で描かれています。 ●MARVEL FANFARE #1 ターニャ・アンダーソンは行方不明になった幼馴染の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マニアックなフィギュア #003

今回のマニアックなフィギュアは、スパイダーマン2000シリーズに登場した〝Air Strike Spider-Man〟です。スパイダーマン2000はアメリカ本国の発売ではなく、カナダを中心とした海外限定で発売されました。        スパイダーマン2000 Air Strike Spider-Man (2000年・トイビズ製) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAT IF VENOM had possessed the PUNISHER

「もしも・・・だったら」という〝仮定のマーベル世界〟を描いた「What if...シリーズ」に、もしもベノム(※)がパニッシャーに寄生したらというストーリーがあります。 このキャラは以前(2002年)、メディコム・キューブリックのシークレットアイテムとして登場し有名になったのでご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 ※本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Marvel Zombies

スパイダーマンが白骨化し、さらにちぎれた自分の足を手に持っているという衝撃的なフィギュアが発売されました。「Marvel Select : Zombie - Spider Man」・・・ご存知のようにこのフィギュアの元になったのは、2006年2月号より始まった5冊によるミニシリーズ、『Marvel Zombies』です。 【…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

超造形魂 スパイダーマン3

昨年末にバンダイがマーベル商品の代理店となり、さらに映画「スパイダーマン3」が公開され、日本オリジナルの商品が続々と発売されています。 この超造形魂(Soul Of Hyper Figuration)もそんな流れで発売された商品です。 ラインナップはスパイダーマン×2、ブラックスパイダーマン、ニュー・ゴブリン、ヴェノム×2、…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

最近購入したスパ・フィギュア

もう忘れてしまうくらいはるか前に注文して、コチラの都合で長い間預かっていただいていたオリジンズや映画版フィギュアをやっと(7月7日)引き取りました。 ハズブロ・フィギュアは画像などでは目にしていましたが実際に手にとって見るのは初めてです。レビューとまではいきませんが、ちょっとコメントも書いておこうと思います。    …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Spider-Man Figure Collection TIME CAPSULE

play set products とマーベルコミックがコラボした、ガチャ「タイムカプセル」シリーズがついに発売になりました。play set products といえば、二頭身にデフォルメされた、とてもかわいいスパイダーマンの「ご当地スパイダーマン」でも有名です。 今回のガチャも「ご当地スパイダーマン」同様とてもキュートなス…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

The Classic Marvel Figurine Collection

  イギリスのイーグルモス社より、マーベルのフィギュア付キャラ解説本「クラシック・マーベルフィギュア・コレクションマガジンズ」が発売になっています。イギリスでは既に一昨年(2005年)から発売されていましたが、ようやく日本のショップでも入手可能になりました。 このシリーズ定期的に発売されるらしく、第1号は「スパイダーマン」で、以下様…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

TOYBIZフィギュア ~温故知新~

最近のMARVELフィギュア(レジェンズ、スパイダーマン・クラシックス等)は可動範囲も広く、造形もリアル志向でプロポーションが良くカッコいいんですが、私はどちらかといえば90年代前半にリリースされたチープな感じのいかにも玩具っぽいフィギュアに魅力を感じます。 そんなオールドスタイルのフィギュアたちが新年早々我が家にやって来ました。オー…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

Mary Jane's Story ①出会い編

【First Appearance】 メリー・ジェーン(以下、MJ)がコミックに初登場したのは『Amazing Spider-Man #25』(1965年6月号)誌上。しかし、なぜか素顔は花瓶の花で隠されて確認できませんでした。 メイ伯母さんにMJを紹介された、ベティ・ブラントとリズ・アレンはその“映画スターのような”華やか…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

スパイダーマン2099

未来のスパイダーマン、スパイダーマン2099が初登場したのは『Spider-Man 2099 #1』(1992年11月号)誌上です。プロフィールや能力等はMARVELの公式サイトや、以前自サイトでも取り上げていますのでそちらをご覧ください。 ここでは画像等を使って、違った角度からもう少し掘り下げて2099をご紹介したいと思います。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

MEGO 12インチ

12インチMEGO(※)は8インチと比べてコレクターズアイテムとしての魅力は残念ながらあまり高くはありません。以前「マーベル・アクション・フィギュアの変遷②」でも触れましたが、8インチのマーベルキャラは14キャラも発売されているのに対し、12インチはわずか3キャラしか発売されていないということからも一目瞭然です。 (※)12インチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MARVEL FIGURE は TOYBIZ から HASBRO へ

2006年1月9日、トイビズのオフィシャルサイトで発表されたニュースは衝撃的なものでした。それは“2007年から、マーベル関連の商品が現在のトイビズからハズブロに移る”というもので、スパイダーマンの玩具といえば「トイビズ」と条件反射的に答えてしまう私にとっては受け入れ難い大ニュースでした。 期限は一応5年ということになっていますが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

マニアックなフィギュア #002

久しぶりにマニアックなフィギュアを取り上げてみました。今回は、1998年に発売されたスパイダーマンレギュラーシリーズ18 「FLIP'N TRAP」の【Spider-Man with Web Trap Catcher】 です。 このコスチュームは、人体実験によりパワーアップされた対エレクトロ用に開発したもので電気を通さない…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スパイダーカーネイジ

スパイダーカーネイジは「VENOM Along Came a Spider(1997年) 」で初フィギュア化されました。実はこのフィギュアが発売された当時はアメコミに対する知識がほとんどなく、ただ単にフィギュア独特の設定のカーネイジなんだと思っていました。しかしこれはスパイダーマンがカーネイジ共生体に寄生された姿で、原作でも紹介されてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スパイダーマン最大の敵は!?

       Amazing Spider-Man #169(1977年6月号)        カバー絵・Al Milgrom        ※個人的に最も気に入っているジェイムソン・カバー        その他のジェイムソン・カバー        左より、        Web of Spider-Man #13…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

スパイダーマンの消しゴム!?

先日入手したスパイダーマンの消しゴムです。 身長は約4センチとかなり小さいです。        パチ物の臭いがプンプンしますが、背中には、       ©1979 MCG        の刻印があります。        ※MCGはMarvel Comics Groupの略 …
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

マーベルレジェンド・シリーズ13「グリーン・ゴブリン」

マーベルレジェンドシリーズ13、いわゆるオンスロートシリーズのグリーン・ゴブリンです。それぞれのボーナスパーツを組合わせるとシリーズ名のオンスロートが完成します。ちなみにこのグリーン・ゴブリンには「右足」が付属しています。 レジェンドでのスパイダーマンヴィラン(単独パック)登場はシリーズ8(2004年)のドクターオクトパス以来で計…
トラックバック:2
コメント:15

続きを読むread more

スパイダーハルク Spider-Hulk (前編)

Spider-Man Classics Asst 17 (2006年) においてニューキャラ「スパイダーハルク」が発売されました。。そこで初フィギュア化記念として、この「スパイダーハルク」が誕生した経緯などを2回にわたりご紹介したいと思います。 例によって拙い英語力ですので間違った解釈があるかもしれませんがご容赦下さい。 な…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

マーベルユニバース・クラシック

YAMATOからレトロチックなソフビ製フィギュア「MARVEL UNIVERSE CLASSIC」が発売されました。フィギュアの大きさは約9センチと小さく、造形も今流行のリアル系ではなく何ともカワイイ作りになっています。 エントリーされたキャラは、「スパイダーマン」「キャプテン・アメリカ」「ドクター・ドゥーム」「アイアンマン」「ザ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ランディ・ボウエン作 エレクトロ ミニバスト

      Bowen's Collector Club 限定モデル(限定1000体)       以前のブログにも書きましたが、ボウエン社のエレクトロミニバストにはボウエン作とそうでないもの(クンツ作)があります。 ボウエンミニバストは本国アメリカでも大変人気があり、最近日本のショップでは入荷はショート気味です。予約…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

First Appearance Spider-Man

ご存知のようにスパイダーマンが初登場したのは『アメイジング・ファンタジー 15号』(1962年8月号)誌上です。     ※カバーはジャック・カービー(ペンシラー)×スティーブ・ディッコ(インカー)による。 そもそもマーベルコミックス編集長(当時)であったスタン・リーは以前から『スパイダーマン』という新しいヒーロー物…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

RAH メディコム スパイダーマン(コミック版)

待望のRAHコミック版スパイダーマンが到着しました。 宣材写真ではマクファーレン版に見え、(ネットで見た)箱のイラストにはラーセンの作品を使用していた(※)ので、現物を見るまでははっきりしなかったのですが、これはマクファーレン版に間違いないですね。 早速、ベノム、カーネイジと並べてみました。【画像①】 ベノムとはかなり大きさが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

MEGO 8インチ USカード

以前、「フィギュアの変遷②」でもご紹介したMEGOの8インチフィギュアですが、カードには様々なバリエーションがあります。 まずMEGO8のカードは、MEGO社の通常のラインではなく、ショップ限定という形で発売になりました。通称「Kresge カード 」(1972年~1974年)です。          『Comic Book He…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コズミック・スパイダーマン

今回は1989年12月~1990年2月にかけて展開されたフルスケールクロスオーバー、"アクト・オブ・ベンジャンス"に登場したコズミック・スパイダーマンについてご紹介したいと思います。 (英訳に多少難があり、分りづらい箇所があるかもしれませんが、その辺りは雰囲気でご解釈ください) エンパイア・ステート大学の研究室にいたピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディコム リアルアクションヒーローズ(RAH) カーネイジ

MARVEL関連では、スパイダーマン(映画版)、ウルバリン、ベノムに続いて4体目の登場となったカーネイジですが、出来はなかなか良いと思います。【画像A、B】 昨年発売されたベノムは手首がスカスカですぐに外れてしまいましたが、今回のカーネイジはしっかりフィットしています。さらにボディスーツのスプラッシュパターンがとても丁寧に仕上がっ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more