ランディ・ボウエン作 エレクトロ ミニバスト

画像

画像

      Bowen's Collector Club 限定モデル(限定1000体)
     

以前のブログにも書きましたが、ボウエン社のエレクトロミニバストにはボウエン作とそうでないもの(クンツ作)があります。
ボウエンミニバストは本国アメリカでも大変人気があり、最近日本のショップでは入荷はショート気味です。予約していても購入できなかったという話もよく聞きます。
特にエレクトロは日本のショップではノーマルタイプ(限定2000体)でさえ入荷したところは少なかったようです。
で、私も入手できずにあせっていたところ、ネットショッププラスティック・ラボさんで見つけました。しかもボウエン版!
価格もそれなりにしましたが、イーベイでもプレミアがついているし、安心感を優先して迷わず購入しました。
造形は言うに及ばず、鮮やかなグリーンメタリックのボディが、サンダー模様のイエローと相まっていっそう存在感が際立っています。
ボウエン作品の魅力を再確認できた作品でもあります。

余談ですが、このミニバストには「Tsunami relief limited variant version」と銘打ってある通り、売上げの一部がスマトラ地震・津波の救済支援にあてられました。普段募金などはしない私ですが、これで間接的に募金したことになるのではないでしょうか?(笑)

ボウエンミニバストは現在も続々とリリースされています。特に最近はフルスタチューもたくさん製品化されています。すべて欲しいのは言うまでもありませんが、予算の都合もあるので私はミニバストを優先してこれからもコレクションしていくつもりです。


■エレクトロのキャラ紹介
エレクトロが最初に登場したのは『AMAZING SPIDER-MAN #9 (1964年2月号) 』誌上です。
本名:Maxwell "Max" Dillon
身長: 5' 11" (180㎝)
体重: 165 lbs (75kg)
電気会社の作業員だったマックスは電線工事中に落雷に打たれ、電気を自在に操る能力を身につける。
やがてこの力を利用して犯罪を重ねるようになり、エレクトロと名乗る。
指先から放つ殺人ビームは稲妻と同じスピードで進み、最大30メートル先まで届く。




■今までに発売されたエレクトロのフィギュア
画像

シークレットウォーズ(マテル社、1984年製)。
アメリカ本国では発売されなかったレアキャラです。当然入手は困難でしたが、
5年ほど前にTSURUさんのお店で購入。




画像

前列・ELECTRO-SPARK 1st GOLD版 (左)& 2nd YELLOW版(右)(共に1997年製)。
後列・フェイマスカバー【TARGET Exclusive 2pack】(1998年製)。



画像

マーベル・レジェンドのSPIDER-MAN vs SINISTER6 7体セット(2004年製)。


画像

フィギュアではありませんが、「Spider-Man Stunt System」(2005年製)。


画像

クラシックス・アソート19(2006年製)。アソート19はマーベル・トイビズ製品としては最後のシリーズ。



こんなところでしょうか。落ちなどありましたらフォロー(コメント)宜しくお願いします。