テーマ:コミック

今回は本当に大活躍しているレオパルドン!

スパイダー・ゲドンのメイン誌『スパイダー・ゲドン3号』(2019年1月号)に東映スパイダーマン&レオパルドンが登場しました。 アース-51778の世界で巨大化したマシーンベムと戦うレオパルドン。 そこにスーペリア・スパイダーマン(アース-616)とスパイダーマン(アース-1048)が操縦者のスパイダーマン(山城拓也)にイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突っ込み所・見所満載の〝東映版スパイダーマン〟

現在スパイダーマン各誌で行なわれているイベント「スパイダー・ゲドン」のタイ・イン誌『バルト・オブ・スパイダーズ1号』(2018年12月号)では各ユニバースのスパイダーマンのサイドストーリーが掲載されていますが、我らが〝東映版スパイダーマン〟も8頁にわたって紹介されています。扉には「第78章 最終銀河戦」とあるが、この〝78〟は日本特撮の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gwen Stacy's File

本名:グウェンドリン・ステイシー 職業:学生 本拠地:ニューヨーク市 エンパイア・ステート大学 身長:170.1センチ 体重:58.9キロ 目の色:青色 髪の色:ブロンド 『マーベル・キャラクター大事典』(小学館集英社プロダクション 2010年7月17日刊)参照 ■①First Appearance and …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gwen Stacy J Scott.Campbell Spider-Man Collection

前回ご紹介したサイドショウ社「J・スコット・キャンベル スパイダーマン コレクション」のメリー・ジェーンに続いて、その第二弾目となるのがこのグウェン・ステイシーです。 雨の日にも拘わらず、グウェンのこの幸せそうな笑顔と爽やかな軽い足取りの理由は、恐らくこれから恋人・ピーター・パーカーと約束したデートの待ち合わせ場所へと向かう様を表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Marcos Martin

レトロ調のタッチと独創的な作風でスパイダーマンのアートを担当しているマルコス・マーティン。今最も注目されているアーティストの一人です。 2月末に小プロから発売された翻訳本『スパイダーマン:ブランニュー・デイ 3』にも彼の作品(原書は2008年発売)が収録されているのでご存知の方もいらっしゃると思います。しかし自分が最初に興味を引かれた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Superior Spider-Man First Issue

アメイジング最終号でピーター・パーカーはドクター・オクトパスとの死闘の末、死亡しました。これで50年前にスタン・リーとスティーヴ・ディッコによって作られたピーター・パーカー=スパイダーマンというキャラクターは残念ながらもういなくなってしまいました。 しかしピーターは死亡してもスパイダーマンは続きます。そうですドクター・オクトパス(但し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Amazing Spider-Man #700 Final Issue

最終号となる『アメイジング・スパイダーマン 700号』が発売されました。1963年から続いたアメイジングの結末はピーター・パーカー死亡という実に意外な幕切でした。 しかも死ぬ前にドクター・オクトパスに自分の記憶を移植されて・・・ ・・・そして早くも来年1月からはピーターの記憶が宿ったこのオクトパスが〝…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アメイジング スパイダーマン鑑賞

【キャスト】 ピーター・パーカー/スパイダーマン:アンドリュー・ガーフィールド グウェン・ステイシー:エマ・ストーン カート・コナーズ博士/リザード:リス・エヴァンス ジョージ・ステイシー 警部:デニス・リアリー ベン・パーカー:マーティン・シーン メイ・パーカー:サリー・フィールド リチャード・パーカー:キャンベル・スコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Brand New Day For Spider-Man

              Amazing Spider-Man #546       リニューアル号が届きました メイ伯母さんの命と引き換えに、メフィストの〝魔力〟により歴史は大幅に改変されてしまい、546号より装いも新たにスパイダーマンの新ストーリーが始まりました。 (以下ちょっとネタバレありです) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

怪物 Man-Spider(マンスパイダー)への変身!

スパイダーマンが蜘蛛の怪物(=マンスパイダー)に変身してしまうエピソードは『Marvel Fanfare #1』(1982年3月号)【画像左】と『Marvel Fanfare #2』(1982年5月号)【画像右】で描かれています。 ●MARVEL FANFARE #1 ターニャ・アンダーソンは行方不明になった幼馴染の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(6)

今月も何冊かスパイダーマン関連のアメコミを入手したので、その中から『Ultimate Spider-Man #115』、『Spider-Man Red Sonja #4』、l『Marvel Legacy The 1960s-1990s Handbook』をご紹介したいと思います。 【Ultimate Spider-…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マニアックなフィギュア #003

今回のマニアックなフィギュアは、スパイダーマン2000シリーズに登場した〝Air Strike Spider-Man〟です。スパイダーマン2000はアメリカ本国の発売ではなく、カナダを中心とした海外限定で発売されました。        スパイダーマン2000 Air Strike Spider-Man (2000年・トイビズ製) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAT IF VENOM had possessed the PUNISHER

「もしも・・・だったら」という〝仮定のマーベル世界〟を描いた「What if...シリーズ」に、もしもベノム(※)がパニッシャーに寄生したらというストーリーがあります。 このキャラは以前(2002年)、メディコム・キューブリックのシークレットアイテムとして登場し有名になったのでご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 ※本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Marvel Zombies

スパイダーマンが白骨化し、さらにちぎれた自分の足を手に持っているという衝撃的なフィギュアが発売されました。「Marvel Select : Zombie - Spider Man」・・・ご存知のようにこのフィギュアの元になったのは、2006年2月号より始まった5冊によるミニシリーズ、『Marvel Zombies』です。 【…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(5)

「最近購入したスパコミ」の5回目です。今回ご紹介するコミックは、画像左から「Sensational Spider-Man #38」、「Spider-Man Mythos #1」、「Ultimate Spider-Man #111」の3冊です。 【Sensational Spider-Man #38】 末期癌で入院…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(4)

現在スパイダーマンコレクションのメインはヴィンテージトイやフィギュアではなく、月に20冊ほど新刊を購入しているアメコミです。今回も最近購入したコミックの中から、『Sensational Spider-Man Annual #1』 『Friendly Neighborhood Spider-Man Annual #1 』『Spider…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

愛の異次元戦士 3-Dマン

いつもスパイダーマンに関する記事ばかり書いている当ブログですが、今回は趣向を変えて、スパイダーマン以外のマーベルキャラ・ 3-Dマン の紹介をしたいと思います。 3-Dマンは、赤×緑ツートンカラーの奇抜なボディスーツを着用したスーパーヒーローですが、日本では勿論、本国でもマイナーなキャラクターです。 【3-Dマン誕生の経…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(3)

「最近購入したスパコミ」の3回目です。今回からタイトルをアメコミ→スパコミ(スパイダーマンコミックス)に変更します。(以前書いた記事のタイトルも同様に変更しました) 今回ご紹介するコミックは、画像左から「Official Handbook of the Marvel Universe Spider-Man:Back In Blac…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(2)

「最近購入したスパコミ」の第2回目です。今回は、『Spider-Man Reign #4』、『Spider-Man Family #1』、『Spider-Man Loves Mary Jane #16』(画像左より)の3作品をご紹介したいと思います。 【Spider-Man Reign #4】 ミニシリーズの最終号です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近購入したスパコミ(1)

今回は最近購入したコミックの中で個人的にちょっと気になった3作品をご紹介したいと思います。画像左より『Spider-Man Reign』、『All New Official Handbook of The Marvel Universe』、『Ultimate Civil War Spider-Ham』です。 【Spider…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

The Unnamed Burglar ~名も無き犯罪者~ <前編>

映画「スパイダーマン」(2002年)公開に合わせて発売された情報誌、『Wizard Spider-Man Special』において、“ピーター・パーカー / スパイダーマンとしての人生に最も影響を与えた敵・Best10”という特集が組まれました。 その中で、ベノム(5位)、J・ジョナ・ジェイムソン(3位)、初代グリーンゴブリン(2位)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖・日本のスパイダーマン

スパイダーマンといえば勿論MARVEL社のコミック誌上で生まれたキャラクターですが、日本においてもMARVEL社の許可を得て、様々なオリジナルのスパイダーマンが誕生しています。 まず代表的なものとして挙げられるのが、1978年、東映により製作された特撮版「スパイダーマン」です。また2004年より『コミックボンボン』(講談社)に掲載され…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

Mary Jane's Story ①出会い編

【First Appearance】 メリー・ジェーン(以下、MJ)がコミックに初登場したのは『Amazing Spider-Man #25』(1965年6月号)誌上。しかし、なぜか素顔は花瓶の花で隠されて確認できませんでした。 メイ伯母さんにMJを紹介された、ベティ・ブラントとリズ・アレンはその“映画スターのような”華やか…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

スパイダーマン2099

未来のスパイダーマン、スパイダーマン2099が初登場したのは『Spider-Man 2099 #1』(1992年11月号)誌上です。プロフィールや能力等はMARVELの公式サイトや、以前自サイトでも取り上げていますのでそちらをご覧ください。 ここでは画像等を使って、違った角度からもう少し掘り下げて2099をご紹介したいと思います。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

小野耕世による “海外まんが紹介” From 1968

      『アメリカン・コミックス大全』(晶文社)2005年11月20日初版 ちょっと前のニュースになりますが、2006年5月、第10回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)に於いて、小野耕世氏が特別賞を受賞しました。これは氏の「長年の海外コミックの日本への紹介と評論活動」に対しての功績が高く評価されたものです。 画像の『アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバヤ「スパイダーマン ミニコミック」  ~そして、さらばアメコミ新潮~

       パッケージ 2006年6月20日にカバヤ食品よりマーベルヒーローズガムのシリーズ第2弾が発売されました。(価格:税抜き150円) 今回のおまけはスパイダーマンミニコミック。このミニコミックは以前新潮社から出版されていた日本語版コミックスから12頁を抜粋・縮小(12×8㎝)し、1冊の本に再編集したものです。 …
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

マニアックなフィギュア #002

久しぶりにマニアックなフィギュアを取り上げてみました。今回は、1998年に発売されたスパイダーマンレギュラーシリーズ18 「FLIP'N TRAP」の【Spider-Man with Web Trap Catcher】 です。 このコスチュームは、人体実験によりパワーアップされた対エレクトロ用に開発したもので電気を通さない…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スパイダーカーネイジ

スパイダーカーネイジは「VENOM Along Came a Spider(1997年) 」で初フィギュア化されました。実はこのフィギュアが発売された当時はアメコミに対する知識がほとんどなく、ただ単にフィギュア独特の設定のカーネイジなんだと思っていました。しかしこれはスパイダーマンがカーネイジ共生体に寄生された姿で、原作でも紹介されてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more